スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

前田農園は専業農家です

前田農園は専業農家です。 ってなわけで、今、収穫中のミニトマトの写真などのせてみます。 今年の夏は、めぇーっっっちゃ!暑かったです。 トマトちゃんもよくがんばりました! 私たちもよく頑張りました!  GOOD JOB!!

新作調味料開発中

調味料の新作シリーズ、続々開発中です。 一番難しいパスタに合わせて食べてみよう 美味ーい! 辛いのがお好きな人は、さらにフライドオニオンラー油(仮称)をトッピング!クセになりますよー。 えっ、来週は野菜のディップ! 展開は猛スピードだよー! さあ、しまって行こー!

料理教室

小海老の酒粕漬けの炒め物と温泉卵タルタルソース 茄子の蒸し焼き万能胡麻ソース和え大葉細切り飾り 両面焼きそば野菜餡かけ揚げた小海老と鶏のミートボール 道具がいいと写真が綺麗ですねえ。

私達の真骨頂は調味料にあり!

実は私たちが自信をもっている一押しの商品は調味料シリーズです。 気軽に使えて、料理の幅が広がる。そんな調味料です。 高品質で低単価を目指します。 それが出来るのも、50年のキャリアを持つ料理人のなせる業ですね。 写真は開発中の調味料の素材です。

新しい道具を試してみる

三脚なしのスナップショットです。 腕はなくとも撮れる良いカメラとレンズのようです。

NEWロゴマーク

前田農園のロゴマークが変わってかわいくなりました。

NEWラベルと、NEW道具

開発中の商品ラベルが完成いたしました。 棒棒鶏ソースと、コチュジャンソース。 シリーズ化も視野に入れています。 ただこの後、高級感あふれるラベルに変更になりましたが・・・。 それと、今日新しい道具がやってきました。 〝食の匠″プロジェクトの肝は料理。 料理を美味しく撮るのは道具、という事で思い切って購入しました。 腕と知識と支払いは後からついて来るでしょう(笑)

商品開発中

  前田農園は月に2回の料理教室のほかに、週1回加工所にシェフに来ていただいて指導していただいています。 それは前田農園のような何の技術も知識もない経営体が、10年20年と加工を続けていくために必要な本物の味を出せる技術と、品質を維持しながら製造していける理念を受け継ぐためです。 写真は、東京の某スーパー様にご提案するための商品を開発している写真です。 どんなご要望にもお答えすることが出来るといっても過言ではないと思います。それはシェフの卓越した経験と技があるからです。 いつも〝真似できない物を創りましょう″とおっしゃいます。そうでなければ前田農園や一般の農家グループなど、零細なチームは簡単に淘汰されてしまいます。 今の時代、レベルの高い商品が世の中に出回っています。そんな厳しい状況の中で続けていく為には、本当に美味しくて、なおかつ他の人が出来ない〝唯一″のものを創りだす事が大切だよとおっしゃいます。

料理教室 懐かしのナポリタン

究極のナポリタン。 と、全体図。

料理教室、究極のタルタルソース

究極のタルタルソースを、まずは、お皿に敷き詰めるの図。 そしてこうなるの図。 塩こうじに漬けたプリプリ海老と、なんとアボガドのフライです。 タルタルソースを敷き詰める、斬新!

ミニトマトが大きくなった

6月にハウスの西瓜を収穫したのもつかの間、7月に入ればすぐにミニトマトを植えました。 もうこんなに大きくなりました。 8月の下旬には収穫が始まり、12月初旬まで続きます。 ただ、収穫になる前に、この暑い夏を乗り切らないと・・・。 トマトも、人間も(笑)