2019年12月28日土曜日

久しぶりに臼(うす)で餅つきをしました。

年末の12月28日、前田農園では餅つきをしました。
うちにある臼(うす)は大きいので、毎年地元の祭りなどにも貸し出して活躍しています。

前田農園でも今年は久しぶりに臼で餅をつくことができました。
参加者は平均年齢もグーンと若返って総勢8名でした。

私は最初にレクチャーして後は監督。全部で5臼つきました。


蒸したもち米を臼に投入
まずは米粒が離れないようにしっかり練ります。
これが結構大変です。
杵(きね)を固定して体重をかけるように
後はつくのですが、手ごねと呼ばれる餅をつきやすいようにサポートする役は
コツがいります。
つきあがったらこねますが、餅の塊を小さく切り離すのも技が必要です。
左手が重要で握り切る感じです。
こちらは鏡もち用です。
良い餅がつけましたね。


これでよい正月を迎えることができそうです。

皆さんも良いお正月をお迎えくださいませ。









0 コメント:

コメントを投稿